コンテンツへスキップ

【現実逃避は悪くない】

もうすぐアフリカの旅をはじめて2ヶ月。
ここまで長い期間、旅行をしたことがかつてなかったため、毎日の変化に少し戸惑いを感じながら、このように日々感じたことを綴っていくことで、頭の中が整理されている気がします。

仕事を強制的にオフにして、旅の期間を作ること。
仕事なんて辞めればいいじゃん、と言ってもすぐにできることではない。
これはそういう生き方を選んだ人の特権であり、逆を言うと不安は常に付きまとう。でもそれは誰だって同じ。

幸せになりたいと思い続ける限り、自分が不幸だと思いこむことになる。
不安を消したいと思い続ける限り、一生不安の沼から抜け出せない。
だったら、自分の本能に従おうと決めました。

とは言っても、僕は決して破天荒な性格ではないため、全てを投げ打って旅に出ているわけではありません。
最近では1年のうちで半分はがっつり仕事をしながら、半分は旅に出たり自分のしたい事に注力しながら生きています。

一生をかけて、世界を周るというライフスタイル。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
自由な人を見ると、
それに「憧れる」人と「批判する」人に分かれる


アフリカの国々を周っていて、アフリカ人は本当に自由だな・・・と強く思う事が多くある。基本的に自分たちのペース、だけど優しい、でもあまり話を聞いていない笑
もちろん人によるけど、これは風土や文化が産んだ国の性格かもしれない。

僕も自由の国と言われるアメリカに住んで、14年。
何をもって自由と定義するかは人それぞれの見解によりますが、アフリカの国々は植民地時代から独立して間もない国も多いので、それぞれの国が頑張って自分たちの国を創って、誇りを持って生きているのも感じます。
その一方で、政治的背景により、僕のように一時的に観光しているだけではなかなか感じる事ができない実態もあるそうです。

自由なようで、かなりの拘束力があるという事かもしれません。そういった意味では、ニューヨークでは毎週のようにデモを行っている様子を見る事ができますが、アフリカではまだ見た事がありません。
反政府の意見に対しては、厳しい取り締まりがあるそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「幸せに見せる努力」よりも「幸せになる努力」


アフリカの自然は雄大で、本当に心を奪われます。
また、人も優しく、物価も比較的安いため、しっかりとした仕事に就けば、それなりに裕福な生活もできるかもしれません。


それでも、僕の住みたい国ランキング暫定一位は変わらず日本です。
SNSなどでは、海外に行ってみよう!とか、日本ではなかなか見れない景色なども投稿していますが、
これは自分の肌で感じた事を、なんとかして伝える事ができないかと思い発信しています。

だから、キラキラした投稿だけではなく、その裏や影なども発信しているつもりです。

大きな影響力のあるインフルエンサーの投稿も素晴らしいですが、僕のようにこじんまり発信しているからこそ、伝えられる事があると信じていますし、 こんな僕でもできたのであれば、自分でもできるはず、と見てくれた人に思ってもらえたら嬉しいです。

自由であり続けたいと願うとは、社会から逸脱したいと思う事と同意義であり、社会の一員として生活している人にとっては良い気持ちでは無いかもしれません。

ただ、そんな投稿を見て、つまらない事を思うくらいなら、見なければいいし、それよりも自分が幸せに生きるためにどうすれば良いかだけを考えれば良いと思います。


個人的には発信をしない体験は自己満で終わるので、なかなか価値を生み出せないと思っています。
なので色々このように想いを伝えていますが、そもそも自己満で構わないという場合は、それはそれでいいわけで。

あなたは自分にないものを持っている人を見た時にどう感じますか?